top of page

開封防止・情報漏洩対策に-セキュリティーラベル-

更新日:17 時間前



情報保護に対する法整備や情報漏洩のニュース等により人々の意識が高まってきている昨今、

企業ごとの漏洩防止策や対応は、 顧客からの信用につながる重要な要素です。

情報の管理体制に厳しい目が向けられている情勢において、企業ではISO認証の取得など様々な情報セキュリティー対策が行われています。


情報セキュリティーというと、IT、デジタルのセキュリティーに関するイメージを強く感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかしアナログの情報である郵送物なども輸送時に何者かに開梱され、情報が盗まれ漏洩しないよう、しっかりと対策を取らなければなりません。


そこで今回は工業用ラベルの代表的なラインアップであるセキュリティーラベルについて情報をお届けいたします。


工業用ラベル参考ブログ




セキュリティーラベルの用途


セキュリティーラベルが活用される場面は、値札の改ざん防止、食品や薬品などの異物混入防止、郵送物など運搬中の開梱、抜き取りの防止など、被着体が未開封であり、改ざんされていないことを証明するために活用されます。



セキュリティーラベルとはどのようなもの?


一般的にセキュリティーラベルは封緘ラベル、バージンシール、改ざん防止ラベルなどとも呼ばれます。

「ラベルがはがされた痕跡が確認できるラベル」という定義で、種別は大きく分けて3種類あります。



1)剥がした跡が被着体に残る転着タイプ(全転着・部分転着)

ラベルをはがそうとすると被着体に「VOID」や「開封済」などの文字が転写され、剥がしたことがわかるようなラベルです。



2)貼られた対象物に残留物を残さない非転着タイプ

被着体には文字は転写されず、はがすと「VOID」や「開封済」の文字がラベル側に浮き出るラベルです。



3)剥がそうとするとラベルが破ける易破壊タイプ

剥がそうとするとラベル基材が破れるような仕組みになっているため、貼り替えや荷抜きなどを防止できます。


参考URL

リンテック


ユポコーポレーション



転着タイプではオリジナルデザインが可能なラベルも


前述しました1)の転着タイプで、通常販売されている材料では剥がして残る部分は「VOID」や「開封済み」という表記のものが一般的ですが、当社では転写される部分にオリジナルデザインが施せるパターンの製品も「開封ガードシール」という名称でお取り扱いしています。


剥がす前の上の層には通常の印刷ラベルと同様にお好きなデザインを印刷でき、さらに剥がした後に被着体に残る部分にも自由な文言やデザインをあしらうことができます。



表面は一般的なラベル同様お好きなデザインで…


さらに転写される面にも任意のデザインを施すことができます。


社名や開封済みを示すほかの文言や、外国語での表記、イラストの印刷も可能です。


セキュリティを高めるだけでなく、オリジナルデザインで視覚的に訴求することにより、

安全性を顧客に効果的に伝えることができます。


オリジナルのセキュリティーラベルをご検討の際はぜひご相談ください。


詳しくは製品紹介ページもございますのでそちらもご覧いただけますと幸いです

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓





#製品紹介


閲覧数:156回

最新記事

すべて表示

Comments