航空宇宙産業向けマネジメントシステム   EN9100とは?

更新日:3月30日



EN9100とは


マネジメントシステムという言葉を聞いて何を思い浮かべますか?

今日現在世界には様々なマネジメントシステム認証が存在しています。

その中でも世界的な国際基準であるISO認証には、環境、品質、情報セキュリティなど数多くの認証があり、企業活動を行う上でもはや取得は必須といってもよいものもあります。


各分野における業務を最適な形でするために標準化されたフレームワークであるマネジメントシステム。

その中でも今回は山王テクノアーツで取得しているEN9100という認証をご紹介いたします。


EN 9100とは,一般的な品質マネジメントシステムの国際規格であるISO 9001に、航空・宇宙・防衛分野の産業特有の要求事項を取り入れたほか、顧客固有の契約要求や適用される法令・規則上の要求事項も品質要求としてマネジメントシステムに組み込んで取扱うよう、航空宇宙製品の機能・性能及び安全性確保などの国際的な航空宇宙業界特有の要求事項を追加したものです。


つまりは品質マネジメントシステム(ISO9001)に航空宇宙関係の製品に必要な基準を加えたものということになります。

同じ様式・内容のマネジメントシステムで、日本のJIS Q 9100、米国のAS9100がありますが、それぞれに相互認証されているので同等のものと認められています。





航空宇宙産業特有の要求事項


ところで、航空・宇宙・防衛分野の産業特有の要求事項とはいったいどのようなものなのでしょうか。


航空宇宙・防衛産業における顧客および規制要求事項を一貫して満たす製品・サービスの提供を目的として、


・運用リスクマネジメント

・形態管理(コンフィギュレーションマネジメント)

・製品安全

・模倣品の防止

・設備、治工具およびソフトウェアプログラムの管理

・特殊工程の妥当性確認及び管理

・製造工程の検証


※各項目の詳細は記事下部に記載しております


これらの要素が+αの要求事項として追加されており、認証取得の際の審査にはISO9001の要求に加え、これらの項目に適合することが必要です。




マネジメントシステム認証は信頼の証


一般的にマネジメントシステムを取得すると各分野(環境、品質、セキュリティーなど)においてある一定の基準を満たしている、という証明になり、他社との差別化が図れるため企業活動が有利に進められる、というメリットがあります。

そのため近年では取得を進める企業が増えてきています。

また、業界によっては取引する際の条件として、特定のマネジメントシステム認証を取得していることを必須要件とする企業もあります。

航空宇宙産業もそのうちの一つで、Boeing社、Airbus社など多くの航空機メーカーは各部品を調達する一次協力会社にはEN/AS/JIS Q 9100の取得を契約の際の必須条件として盛り込んでいます。

この動きは一次協力会社から委託を受ける二次、三次の協力会社まで広まる動きを見せており、将来的には航空機製造にかかわる事業者すべて、つまりはサプライチェーン全体で取得していることが当たり前、という状況になることが予想されます。

このようにかかわる事業者すべてがEN/AS/JIS Q 9100のマネジメントシステムの運用下で事業を行うようになれば、他の産業と比較しても段違いの品質、安全性を求められる航空機製造業界に対する安心感、信頼感はさらに増すことになります。

しかし中小の事業者にとってはこの認証を取得することは非常にハードルが高いというのが現状で、今後どのように取得企業を増やしていくかという課題は解決しなければなりません。



取得企業で手配すると仕入れ側にはどんな利益があるのか


前項でも書いた通り、1次協力会社はこの認証の取得が必須となっていることが多いですが、それ以降の2次3時の協力会社に関しては今のところ必須要件とはなっておらず、仕入れ事業者(1次協力会社)の品質、調達の基準での選定が行われます。

もちろん2次協力会社に製造委託をする部品製品も航空宇宙の求められる品質基準に適合が必要ですので、時には委託先への様々な協力依頼、指導、など細かな監視が必要になり、委託元担当者に思わぬ負担がかかることもあるようです。

山王テクノアーツでも、EN9100認証を取得するまでに長年お客様より様々なご指導をいただきながら、航空宇宙産業の基準に応えるべく研鑽に努めてまいりました。

このように、厳しい要求事項のある航空機製造の取引には製造委託元、委託先双方で様々な確認、コミュニケーションが必要になり、その確認を怠ると、重大な品質問題につながってしまうことになります。


そのような問題が発生する懸念を解消するための一助になるのが、EN/AS/JIS Q 9100のマネジメントシステム認証になります。

今までの説明のとおり、この認証は航空宇宙防衛分野の品質に関する要求に対応している、という証明になりますので、EN/AS/JIS Q 9100認証取得企業を委託先に選定すれば、おのずと様々な要求に応られる環境が整っている状態で、製造を委託できるということになります。

双方にとってマネジメントシステムという「共通言語」で話が進められることは、想像以上に効率の向上が実感できます。