• Facebook
  • Twitter
  • Instagram

反射材で目立って安全 車体輪郭・ロゴマーキングステッカー

kaifuu_01.png

トラックなど大型車両は保安基準で定められた明るさの反射材を車体の側面輪郭に貼ることにより、その内側に反射性能を持ったステッカーなどを貼ることができます。
保安基準に適合していない状態ですと、車検時に不合格となってしまうことがあります。
山王テクノアーツの反射材マーキングは各種基準に対応。安心してご利用いただけます。

夜間の交通事故

(主に大型車両への乗用車の潜り込み衝突)

反射材ワイヤフレーム_03.png

欧米では車両後部・側面輪郭部分への反射材マーキングで事故が減少!

※ドイツ連邦共和国運輸省(BMV)の資料より

車両後部及び側面の反射材マーキングは、事故リスクの軽減につながるというデータもあり、

欧米では設置が義務化されている国もあります。
しかし日本国内においては保安基準に難解な部分もあり、普及が今ひとつ進んでいません。
山王テクノアーツでは国土交通省の保安基準に対応した材料を使用、施工までお任せください。
安全性とアピール力を同時に手に入れるチャンスは今です!

安心のORAFOL社製反射材を使用

材料は車両マーキングで長年の実績のあるORAFOL社製を使用。
輪郭部分は10年、ロゴ部分の材料は反射材として7年の耐用年数があります。
従来製品と比較して長期にわたり、意匠性、反射性能を持続します。

※印刷箇所の耐候性は3年~5年が目安

反射材ワイヤフレーム_14.png

1台からご注文可能

デザインの印刷はインクジェット方式を採用しているので版代が不要!1枚からでもOK!複数デザイン、サイズ違いx少数枚のご注文も柔軟に対応いたします。

納品までの流れ

反射材ワイヤフレーム_18.png

緊急対応大歓迎!!さらにお急ぎの場合もご相談ください!

反射材ワイヤフレーム_20_14.png

基準に適合していないと車検が通らないことも…

安全性の向上だけでなく社名などの表記も反射材を使用することにより、夜間でも社名の視認性が向上し、アピールすることが可能です。

視認性向上により事故率軽減

欧米では車両の輪郭などの反射材表示により事故の発生率が激減したというデータもあり、設置が義務化されている国もあります。日本では大型後部反射器以外は義務化こそされていませんが、反射材での車両の輪郭表示は事故リスクの軽減に非常に有効な対策として知られてきています。

ECE104 18.jpg

夜間でも社名をアピール

衝突事故のリスクを抑える車体輪郭反射材テープと

貴社の社名を夜間でも目立たせる反射材ロゴマーキングのご紹介です

 
業界特化_11.png
kaifuu_10.png
上部_03.png