xr400-150x141.jpg

レーザー彫刻加工

金属(アルミニウムやステンレスなど)表面を焦がすようにレーザー照射し、文字サイズが最少2.0mm~最大150mmまでの彫刻、マーキングが可能です。周波数や時間などで色変化させ、視認性に優れた銘板を作製いたします。また、バーコードやQRコードなどの可変情報表現であったり、イラストデザインなどの多彩なパフォーマンスが可能となっております。

アセット 3.png

​操作パネル

 

機械の操作パネルに印刷したいというご相談に対しては、機械そのものにではなく、フィルムに印刷して貼り付けるというご提案をしています。こうすることで、貼り付けも簡単になります。光る部分は、拡散インキを使用し、視認しやすく工夫致しました。

アセット 3.png

​内照式パネル

 

機械の操作パネルに貼り付けることで利便性を向上させたいというご相談に対しては、機械の操作パネルに合わせた寸法、使用環境を考慮した仕様でシールを作製することで解決いたしました。お客様の利便性や作業性の向上につながりました。

アセット 3.png

禁煙シール

 

屋外のサイン(銘板)類が変色や退色し、そのサイン(銘板)類に期待していた意図(注意喚起・告知など)が伝わらない・伝わりにくくなってお困りではないでしょうか?

退色は太陽光、中でも紫外線によってインクの色材が壊れてしまうことで引き起こされます。中でも黄色や紅では色を構成している化合物の結合が破壊され、退色することが知られています。

あいにく黄色や紅は注意喚起サイン(銘板)類ではよく使われる「注意」や「禁止」を表す色で、設置者にとって退色は重要な問題である場合が少なくありません。

山王テクノアーツでは屋外用のインクで、インクジェットプリンターよりも厚く印刷できるスクリーン印刷を主とし、紫外線を吸収するラミネートや、透明のクリアーインキを表面に施すことで退色しづらいサイン(銘板)類を製作しております。

版を起こす必要があることから初回費用は多少嵩みますが、あっという間に退色してしまうサイン(銘板)類の悩みからは開放されることでしょう。

case_seal_cigarette-150x150.jpg
image.png